English
KPLECRAFT's 1st Full Album "Hamlin" available on Nov 17, 2006!

Kplecraft / Hamlin
space
||| BUY CD Album |||
space
* JAPAN (online)
HMV.co.jp
TOWER.JP
Amazon.co.jp
THE KING OF GAMES

* JAPAN (店舗)
Tower Records各店
HMV各店
METEOR (吉祥寺)
GUHROOVY (渋谷)
DELTATUNE (大阪)
space
* Overseas (online)
CD BABY
space
||| BUY Digital Album |||
Amazon MP3
iTunes store
Bandcamp
KPLECRAFT / Hamlin
(プレクラフト / ハムリン)
space
Label: Kuon Records [KUCB001]
Released: 2006/11/17 (JP)
Format: CD
space
Listen Listen (sample)
space
01. Intro [nsf]
02. AP-RD0032
03. ZD-RD6800
04. NNVV-LLLL
05. MKR-KMN
06. Interlude [nsf+drums]
07. Hamlin
08. Sharkuon
09. Barefoot
10. RE:Sugimura
11. Ending [nsf]
[Bonus Remix Tracks]
12. MKR-KMN (Eksuk Remix)
13. ZD-RD6800 (FQTQ Remix)
space
* Guest Musicians *
- Track04, rocomoon (Vocal)
- Track08, 押切蓮介 (Vocal & Toy Xylophone)
- Track09, オハラマヤ (Vocal & Acoustic Guitar)
- Track13, FQTQ (Remix)
space

space
* Comment *
space
「8bitサウンドを中核に据え、生楽器の演奏で彩りを加えたChiptune
・・・とだけ言えば、他にも似たような試みは存在するが、
音の重ね方やエフェクターの使い方のセンス、そして
小細工が一切きかない8bit機が繰り出す四角四面なビートに
完全追従する演奏テクニックが一体となって
8bit云々を越えた「音楽」になっているのがこのKPLECRAFTの凄いところ
まさに「Chip+生楽器」のお手本のようなアルバム!」
-- Yokemura (YMCK)
space
「アルバムを一周したころ、巷に溢れた「自称新しい音楽」
が一層色褪せたものになってしまった。生楽器とゲームボーイ。
人間そのものと色気の無い無機質な電子音という相反する音同士が
これほどまでお互いを高め合っている音楽が今まであっただろうか。」
-- quarta330 (Lo-bit Playground)
space
「カッコ良すぎて笑ってしまう 僕の大好きKPLECRAFT!!」
-- 押切蓮介 (漫画家)
space


* Release Tour *
space
space KPLECRAFT Hamlin Tour 06-07
space


- 収録曲解説 -
space
space
01. Intro [nsf]
space
FCのみで作られた短いイントロ。
この曲とHamlin, Endingの3曲はよく聴くと同じリフが使われている。
space
・Kuske / MCK(2A03)
space
02. AP-RD0032
space
高速4つ打ちトラックにエフェクトサックス、ジャンベ、ディジュリドゥが
複雑に絡み合うこれぞKPLECRAFTといった曲。
後半に一瞬Eddieの超絶ドラムソロが現れる。
space
・Kuske / Nanoloop1.2, Tenor Saxophone, Effects
・Eddie / Djembe, Didjeridu, Drums
space
03. ZD-RD6800
space
Kuske, Eddieが別にやっているpciaというジャムバンドからのセルフカバー。
nanoloop1.2では通常不可能なBPMをステップを半分にして打ち込み無理やり再現。
ライブでも毎回必ずやっている曲。
space
・Kuske / Nanoloop1.2, Tenor Saxophone, Melodica Soprano, Effects
・Eddie / Djembe
space
04. NNVV-LLLL
space
rocomoonさんをゲストボーカルに向かえたスピリチュアルな雰囲気の曲。
実はこの曲10/4拍子と5/8拍子が一緒に進行しているという無茶苦茶な構成だけど、
自然に聴こえるようになってるので、何も考えずに聴くのが一番良いです。
space
・Kuske / Nanoloop1.3, Tenor Saxophone, Effects
・Eddie / Djembe
・rocomoon / Vocal
space
05. MKR-KMN
space
KPLECRAFTとしては初めてエフェクトをかけない生サックスをフィーチャーした曲。
といってもそれは前半部分だけで中盤、後半にかけてだんだんカオスに。
トラックは前半がGBで生ドラムが入ってくるところあたりからFC。
space
・Kuske / Nanoloop1.2, MCK(2A03), Soprano Saxophone, Effects
・Eddie / Djembe, Conga, Drums
space
06. Interlude [nsf+drums]
space
FC+生ドラム×2。FCの三角波を高音のメロディに使った曲を作りたかった。
先にBPMだけ決めてドラムをレコーディングし、それを聴きながら後でトラックを作る
といういつもと逆の手法で製作。
space
・Kuske / MCK(2A03+N106)
・Eddie / Drums
space
07. Hamlin
space
このアルバムのテーマ曲。構想だけは随分前からあったのだが形にするまで
時間がかかってしまった。最初の段階では生ピアノや歌を入れるつもりだったが
結局エフェクトサックスとコンガのみがいちばんしっくりきた。
space
・Kuske / Nanoloop1.2, Tenor Saxophone, Effects
・Eddie / Conga
space
08. Sharkuon
space
今ではすっかり売れっ子になってしまった漫画家の押切蓮介と一緒に作った曲。
彼がいつも言っていた「歌がネタなのにトラックは超カッコいい曲」というのを僕なりの
解釈で作ってみた。ちなみに前半部分にシンセのような音が入っているがこれは
MuddyGBをカオスパッドにつないでフィルターを操作しながら演奏した音。
space
・Kuske / Nanoloop1.2, MuddyGB, Melodica Soprano, Tenor Saxophone, Effects
・Eddie / Djembe
・Rensuke Oshikiri / Vocal, Toy Xylophone
space
09. Barefoot
space
オハラマヤさんの歌とアコースティックギターをフィーチャーした
ネオアコトロニカ的な曲。もう歌が全てです。とろけてください。
space
・Kuske / Nanoloop1.2, Tenor Saxophone, Effects
・Eddie / Djembe
・oharamaya / Vocal, Acoustic Guitar
space
10. RE:Sugimura
space
ポップのポの字も無いKPLECRAFTだけど実はポップなの作りたい。けどやっぱり
どこか天邪鬼的なところがでてきて結局普通の人が思うポップな曲が作れない。
僕はほんとはアイドルソングみたいなのが作りたいんですよ。
いや、まあほんとは作れるけど作らないだけ。
space
・Kuske / Nanoloop1.2, Tenor Saxophone, Effects
・Eddie / Conga
space
11. Ending [nsf]
space
Hamlinはこれでおしまい。
あとはボーナストラックのリミックス2曲をお楽しみ下さい。
space
・Kuske / MCK(2A03)
space
-- 解説、Kuske, KPLECRAFT


KPLECRAFT - http://kplecraft.com/
Kuon Records - http://www.kuon-records.com/

space
Kuon Records
space
copyright (c) 2006 Kuon Records.